看護師 退職〜嫌がらせが原因で。

看護師 退職 嫌がらせ

 

嫌がらせをさんざん受けたことが原因で、
私は退職しました。

 

良くしてくれた方もいましたので、
最後はお礼のお菓子を思っていましたが、

 

病院自体に行こうとすると、カラダが拒否反応を起こし、
動悸や冷や汗がでたりしたので、ほとぼりが冷めたあと、
良くしてくれた方にだけ連絡を取り、お礼のお菓子を渡しました。

 

社会人のケジメとして、直接行って渡すべきかとも思いましたが、
退職理由が理由だけに円満退職と言えるものではなかったので、
私の中で割り切ることができました。

 

かなり悩みましたが…。

 

 

 

 

 

病棟の前を通るだけで…。

新人として4月から勤務して半年後に休職、
入った当初は一生頑張るつもりでした。

 

それが1年も勤務できず、
もう病棟の前を通るだけでも具合悪くなるほどでした。

 

実際、良くしていただいた方に聞くと、
私の話など一度も出たことがないと言っていました。

 

それを聞いてホッとした部分と、もしそれが本当だとしたら、
始めから数の外だったのではないかと考え、
退職して本当に良かったと思いました。

 

どんな理由で退職としたとしても、
社会の常識、非常識があるのは分かっていましたが、
私のような状況にある方は少なくないのではと思います。

 

しかし、今、別の職場に復帰して思うことは、
たとえ、ひどい体験でも人生の勉強になるということです。

 

看護の世界は狭いなんて言われていましたが、
そのことで特に苦労したことはありません。

 

成るようになるものだとよく言いますが、
私は、退職して次の職場にいくことになっていた、
最初から、こうなることは決まってたみたい。と思いました。

分かってくれる人はいる。

新しい職場を探す時もそうでした。

 

こんなことになってしまって、これから厳しいだろういう覚悟で、
就職活動に臨んでいたので、特に苦労したとは思いませんでした。

 

私の状況をしっかり分かってくれて、
さらに欲しいと言っていただけるところは、
探せばあるんだ!と次の職場が決まった時、そう思いました。

 

マイナスなことばかり考えていたのは私のせいですし、
今までの何もかもを受け入れることができました。

 

暗く感じた未来も、
行動する事で急に明るくなることはよくあることなのかもしれません。

 

退職し、行動を起こしたなら、
ぜひそれを確かめていただければと思います。

 

看護師 辞めたい 嫌がらせ

 

 

下記の時間帯より、お電話で詳細を確認したうえ、
ご相談していただくことも可能です。

 

通話料無料 受付/9:30〜21:00(土日祝除く)

 

お電話番号などの詳細についてはコチラをご確認ください。

 

看護師 辞めたい 嫌がらせ
看護師 辞めたい 嫌がらせ